サイトメニュー

美容の悩みを解消する

注射器

施術の特徴と受ける機関

医療技術の発展に伴い、病を治す以外に見た目のコンプレックスや悩みを医療施術で改善する事ができる様になりました。それが美容医療であり、美容整形として多くの方に知られています。美容整形は切除したりする手術が必要でしたが、現在は手術をせずに手軽な処置で美容効果を得られる方法があります。それがボトックス治療であり、プチ整形とも呼ばれています。ボトックス治療の効果は幅広く小顔やしわ改善、脚痩せやワキガ改善など切開したりといった手術が必要であった事を注射するだけの方法で得られます。整形手術の場合は10万円から20万円以上必要でしたが、ボトックス治療は2万円から5万円程と比較して安く受ける事ができます。手軽な施術方法と費用から注目されていますが、何よりも副作用もなく安全な治療方法である事が人気の背景にあります。ボトックス治療で注入する薬剤はボツリヌストキシンというタンパク質です。美容医療に転用される前から医療現場で使用されており、臨床データも豊富な薬剤です。安全性は世界中で認められており、副作用については世界中から報告もない程です。日本でも厚生労働省が2009年に安全性や効果を認証した程であり、その事も選ばれる理由になっています。ボトックス治療を希望する場合、美容クリニックや美容整形外科クリニックで相談する事になります。名称は様々ですが、美容医療を提供する医療機関に相談する事で受けられますが、一般的な病院とは少々異なります。まず異なる点として保険適用ではないので、病院の様に1割から3割の費用負担で済むわけではありません。美容目的の場合は保険適用外になりますので全額自費になります。自由診療になり、クリニック毎に費用を自由に設定してよい事になっています。それでも各クリニックの設定金額は全国平均から大きく外れている機関はないので、費用について交渉する事はマナーとして避けるべきです。また必ず事前にカウンセリングが行われます。必ず医師と面談する必要があり、医師は状態を把握して希望に沿う美容医療を提供します。ボトックスを希望していても、最適な方法ではないと医師が判断する場合もある事を理解しておく事が大切です。その治療だけに固執すると思った様な効果を得られない結果になりますので、医師の意見を受け止め最善の道を探す様に自身も協力的な姿勢でカウンセリングを受ける事が重要です。施術が完了して終了ではなく、経過診断を受ける必要があります。ボトックス治療は徐々に効果が現れ、1か月程で安定します。効果が出ても何かトラブルや異変が起きていないか、しっかりサボらず検診を受ける事が大切です。